imizu view?

射水ビューポイント発掘・発信事業

富山県射水市とは。

IMG_8017

海王丸パークと新湊大橋

射水市は、富山県を代表する神通川・庄川の間に広がる射水平野の大部分を占めています。射水平野は中小の河川や地下水に恵まれた土地として古くから栄えてきました。古代の人々は、水の湧出をあらわす言葉「イ」・「ミズ」にちなみ、この地を「イミズ」と呼んだと考えられます。 8年前に5つの地区(新湊、小杉、大門、大島、下村)が合併して射水市が誕生しました。合併と同時に射水ブランドロゴマークのキャラクター、ムズムズくんも生まれました。黄色の大きな王冠をかぶった、全身が青色の水の精の王様です。王冠には射水市の旧市町村を表す5つの青丸が付いています。射水イズム(射水主義)から「イミズムズムズ」という言葉が生まれ、射水市が「何か新しいこと、楽しいこと」を始めようとする様子を表しています。射水市内の様々な場所でムズムズくんの看板やモニュメントを見つけることができます。他にも、県外からもたくさんの観光客が見学に訪れるという、全国でも珍しい昼セリが開催されたり、海の貴婦人と呼ばれる航海練習船・帆船海王丸の中を見学したりすることができます。また、「日本のベニス」と呼ばれる内川など、つい立ち止まって見たくなる光景が広がっています。

 

 

 

新湊大橋17-3340

新湊大橋

射水ビューポイントとは。

射水市の新たなビューポイントを発掘する視点として、5つのコンセプトを大事にしています。

そのひとつとしてその道の専門家に聞くビューポイントを調査・発掘しています。

各分野の専門家として面白い見方、例えば工場地帯の成り立ち、橋の歴史、建築物の歴史から射水市を探ることができる方々からアドバイスを頂き、他ではまねのできない、射水にしかないビューポイントを選定します。

〈5つのコンセプト〉

*思い出作りにおすすめ*

大切な人と一緒に映って素敵なビューポイント

*デートにおすすめ*

ドライブビューポイント(車の助手席から見えるビューポイント)

*いつもとは違った景色を感じたい人におすすめ*

猫の目線で見るビューポイント穴場ポイント

*携帯写真こだわり派におすすめ*

写真加工が似合う、実は味があるビューポイント

*定番の観光スポットではいや!という人におすすめ*

その道の専門家に聞く!ビューポイント